お誂え呉服・着物(きもの)の販売 創業明治5年・京都の老舗

現在の位置 : ホーム > 京都の呉服屋 六代目 若だんなのブログ

京都の呉服屋 六代目のブログ

岸田 靖司 きしだ やすじ 1978年12月29日生まれ AB型

古都、京都の呉服屋 京都銭京の六代目。小さな頃から着物に囲まれて育ってきました。
現在は着物のデザイン、制作、販売を行っています。

日々勉強の毎日ですが、着物の世界の奥深さ、奥ゆかしさに未だに驚かされています!
古典の普遍の美と若い今の感性を合わせた、着てみたい着物を創っていこうと奮闘中。

また、お客様と一緒に場面に合った着物選びや、お手入れのお手伝いなども心を込めてご奉仕いたしております。

このブログでは、そんな私の日常の着物に関する豆知識や発見、感動などを綴っていきたいと思います。

2018年 秋の御室苑

投稿日:2018年10月11日(木)

京都も秋めいてきて過ごしやすくなってまいりました。
明日より秋の新作逸品展「御室苑」を開催しております。

会場は東洞院仏光寺にあります玄想庵をお借りして広く趣のある京町家の雰囲気も楽しんでいただけたらと思っております。

今回の企画はお茶の着物を各種取り揃えております。
着物を囲んでいろんなお話ができたら嬉しいです。

心を込めて準備してまいりましたのでお時間の許す限り楽しんでいただけたら幸いです。

本麻の足袋

投稿日:2018年5月22日(火)

夏の涼しい商品の紹介です。

本麻の足袋。

毎年、特に京都の夏は本当に暑いです。

着物をよくお召しになる方は、あの手この手で少しでも涼しくなるように工夫されていると思います。

私もいろいろ試す中で、生地として一番暑くないのは麻だと思います。

涼しいわけではないですが、肌にひっつかず、サラッとした肌触りですので汗ばむときも気持ちがいい生地だと思います。

白、クリーム、ピンクの三色展開で、値段も4,200円~(サイズによって値段が変わります)とお手頃価格です。

この夏の新アイテムにお一ついかがですか?

御室苑 今日から開催です

投稿日:2018年2月23日(金)

金閣寺のお膝元にて今日から展示会を開催しております。

お気軽にお立ち寄りください。

選りすぐりの綺麗な着物を揃えてお待ちしております。

着物肌着 ピンク地桜

投稿日:2018年2月19日(月)

携帯からブログが書けるようになって便利になりましたが、写真の向きを変えるのが難しい…

妹に赤ちゃんができまして、お祝いに着物肌着をプレゼント。

名前に桜が入るので桜の訪問着風にしてみました!

産婦人科の退院の時に着せてくれたみたいで看護師さんたちに大人気だったそうで^ ^

嬉しい限りです!

産まれたての赤ちゃんの晴れ着は是非、銭京の着物肌着をお選びください!

お干菓子帯留がまたフィガロに掲載されました!

投稿日:2018年2月19日(月)

数年前にeriko4uさんと共同で製作した桜のお干菓子帯留がまたフィガロに掲載してもらえました!

根強い人気を誇る商品です^ ^

そのうち四季のお干菓子帯留を世に生み出したい野望もございますのでお楽しみにしていてくださいね!

2018年 春の展示会

投稿日:2018年2月8日(木)

とても寒い日が続きますので春の展示会と言ってもピンとこないですが、今月末に金閣寺の近くにて展示会を開催いたします。

毎年恒例の染め帯お好きな柄、色で誂える企画もございます。

お時間がございましたら是非遊びに来ていただけると嬉しいです。

2017 蔵ざらえ

投稿日:2017年12月4日(月)

今年も無事12月を迎えることができました。
これもひとえに皆様のおかげだと感謝しております。
今日までですが感謝の気持ちを価格に変えて、自社にて展示しております。

今年は良い商品が沢山ありますので、明日からも少しの間同じ価格で販売しようと考えております。
ご興味あられる方はご一報ください!
普段は営業の者が持って回る予定ですので連絡してくださるようお願いいたします。

残り1カ月師走を走り切りたいと思います!

 

 

2017年 秋の展示会 ~御室苑~ 9月29日、30日

投稿日:2017年9月21日(木)

今年も秋の展示会~御室苑~を開催いたします。

今月末、9月29日、30日。
会場は岡崎の源鳳院。
宮中の装束調進を家職としていた公家、山科家の別邸だった900年の歴史を持つ館にて。

今回は、梅垣織物、鈴木織物さんのご協力で西陣の技を織りこんだ帯と銭京オリジナル、京友禅の着物の数々をご覧いただきたく準備を進めております。

お食事は四季なかむらさんにお願いしております。

是非お越しいただき雅な空気に中で綺麗な着物を楽しんでいただけたら嬉しく存じます。

男児用着物肌着

投稿日:2017年6月27日(火)

こちらは男児用の着物肌着。
私事ではありますが、産まれた子供が2人続けて男の子でしたので肌着を着せながら思いついたのがこちらの商品。
ホームページにも男の子用だけ載せていました。
前回は50サイズで作り産まれたての我が子に着せていましたが、あまりにも着せられる期間が短いので60サイズで作り直しました。
男の子は帯を脇で片蝶結びにする使用です。

こちらも中紐も付いていますし、帯も着物に縫いつけてあります。
最高にかわいい赤ちゃんの最初のオシャレに使っていただきたいです。

参考までに50サイズの着物肌着を着せた生後4日の私の子供の写真です。
気持ちよさそうに着てくれていました。

価格はこちらも8,800円

呉服屋が作った新生児用着物肌着

投稿日:2017年6月27日(火)

新作のご紹介です。
上質のガーゼ生地を使い新生児用の着物肌着を作っています。
新しく、ピンク、ホワイト、クリームの女の子用肌着が出来上がりました。
帯に使用している生地は綿の柔らかいガーゼより少し目の詰まった生地です。
赤ちゃんに優しい肌ざわりで、着せやすくオシャレな肌着が出来ました。

帯は着物に縫いつけてありますので着崩れの心配もございません。

中紐も付いています。
縫い目は中にしましたがお肌に擦れないように始末しています。

子供らしく肩あげも施しました。

私も子供が3人いますが、産まれたてのかわいさは格別なもので、かわいい写真を残そうとカメラを向けまくっていました。
是非この肌着を着せて写真を撮ってほしいと思います。
最高の一枚のお手伝いが出来たら嬉しく思います。

価格は8,800円
ご入り用の際はご一報くださいませ!

お誂え呉服について・掲載取り扱い品について ご注文・お問い合わせ・ご相談など詳しくはお電話ください。
このページのトップへ