お誂え呉服・着物(きもの)の販売 創業明治5年・京都の老舗

現在の位置 : ホーム > 9月 2012

京都の呉服屋 六代目のブログ

岸田 靖司 きしだ やすじ 1978年12月29日生まれ AB型

古都、京都の呉服屋 京都銭京の六代目。小さな頃から着物に囲まれて育ってきました。
現在は着物のデザイン、制作、販売を行っています。

日々勉強の毎日ですが、着物の世界の奥深さ、奥ゆかしさに未だに驚かされています!
古典の普遍の美と若い今の感性を合わせた、着てみたい着物を創っていこうと奮闘中。

また、お客様と一緒に場面に合った着物選びや、お手入れのお手伝いなども心を込めてご奉仕いたしております。

このブログでは、そんな私の日常の着物に関する豆知識や発見、感動などを綴っていきたいと思います。

京都錢亰 創業140周年記念展示会~御室苑~ 鳴滝、蝸牛庵にて

投稿日:2012年9月26日(水)

おかげ様で京都錢亰が今年で創業140年を迎えることが出来ました!
ここまで続けて来れたのもお客様のお陰だと深く感謝いたしております。
この度、140年を記念して古都、鳴滝、蝸牛庵にて展示会を開催しました。
数寄屋造りで手入れの行き届いたお庭、お昼は嵐山辨慶のお弁当、お菓子はすやの栗きんとんをご用意いたしました。
来ていただいたお客様には 少しは楽しんでいただけたかなと思っております。


お庭を一望した写真を撮り忘れてしまいました、、、
 でもとてもいい雰囲気です!

展示会の様子はこんな感じです!
この日のために用意した逸品を社員総出で飾り付けました。


私も着物でお出迎え。
単衣のお召を着ています。

こんな感じで仕事をしております!

最後に、来てくださった皆様本当にありがとうございました。
これからも気を抜かず精進し研鑽を積んで参りたいと思っております。
変わらぬお付き合いをお願い申し上げます。 

季節の染め帯 刺繍あがり 完成! と、展示会での晴れ姿☆

投稿日:2012年9月24日(月)

展示会の準備に追われ染め帯の完成の様子をアップするのが遅くなってしまいました、、、この1ヶ月、頑張って染めた塩瀬の帯がようやく完成しました!
左から、半夏生、桜、秋草です。
半夏生は色糸で、桜は色糸と金糸で、秋草は思い切って銀糸だけで刺繍を入れました!


わかりにくいのでアップの写真を1枚。
刺繍の入ったところが少し光って浮いて見えるのがわかるでしょうか?
金のくくりも入って以前よりはっきりしましたね!
これでやっと完成です! 

 紹介してなかった帯もたくさんありますが、昨日までの展示会で染め帯12ヶ月のコーナーを作り、たくさんの方々に見ていただけました!
何本かはご購入いただき、手塩にかけた帯たちが嫁いで行く瞬間は本当に嬉しいものです!
 

季節の染め帯 金加工あがり

投稿日:2012年9月14日(金)

半夏生と秋草の帯が金加工からあがってきました!
半夏生の帯は柄に重みが出ました。
写真ではわかりにくいですが、立てて光にあたると細い金のくくりが光って綺麗です!

秋草の帯も糸目がとれて、こちらは涼しげに銀でくくり、ススキの一部も銀にしてみました。
以前、紹介した写真と比べるとスッキリしましたね!
着物の世界では、季節を先取りします。
涼しい秋 がもうすぐ来ますよという思いを込めて8月に締めます。
この帯も立てて見ると銀が光って涼やかで綺麗です!

これから2本とも刺繍に回します。
完成間近!
楽しみです!

 

こちらの2本は、桜の帯と糸菊の帯です。
友禅あがりで、これから金加工に行きます。
桜の帯は、やっぱり紐を紫にしました。
薄鼠地に薄いピンクと白の花ですので今はぼやけて見えますが、金でくくると輪郭がはっきりします 。
いい帯になりそうです!

糸菊の帯は繊細な花びらに仕上がりました!
ぼかしも淡く希望通りにあがったので、あえて金加工も刺繍もせずにこのまま仕上げに入ろうと思います。
最後、地直しという工程があるのですが、この工程は染料のはみ出しや色むらなどを修正する工程です。
地直しが済めば完成です。

地直しの職人がいてくれるおかげで、普通では 取れないシミもシミの部分だけ真っ白に色を抜き、その部分に地色と同じ色をはめてシミを消すことが出来ます。
熟練の技です!
この職人さんのおかげで、お客様にもいつも喜んでいただいております!

また近々仕上がっていく帯たちをアップしていきますね! 

 

 

季節の染め帯 今日も染め上がってきました!

投稿日:2012年9月12日(水)

前々回紹介しましたうの花と半夏生の染め帯が友禅からあがってきました。
うの花は、軸と葉っぱを墨濃淡にし、花を白にしました。
地色の灰桜によく合う淡い仕上がりに満足です。
半夏生は、上の葉っぱが白く花のようにも見える不思議な植物で、白を際立たせるために葉の色を濃い目にしてみました。
こちらはパキッとした印象で盛夏の太陽の下元気に生える半夏生をイメージしています。

どちらも地染め、友禅柄色刺し、蒸しまで済んでおり、これから金加工、刺繍へとまわっていきます。
蒸しの工程とは、染め上げた生地を高温で蒸すことにより、色を止める作業のことです。
水性染料ですので、当然水に流すと色が流れてしまいますが、蒸すと染料が生地に定着します。
この特性を使い友禅の色を失敗してもやり直しがききます。
もう1本。
秋草の染め帯も友禅からあがってきています。
こちらは、蒸し前です。
まだ糸目が残った状態なので、少しうっとおしく見えますね。
これから蒸しをかけて、糸目を取ると白い輪郭が現れてスッキリ見えてきます。
乞うご期待ください!さらに、もう1本。
同じく蒸し前の七夕の帯です。
下絵から糸目、友禅と出来上がっていくのを見ているとワクワクします!
こちらも、これから蒸し、金加工、刺繍と進めていきますので楽しみにしていてください!! 

季節の移ろい染め帯12ヶ月 友禅あがり

投稿日:2012年9月11日(火)

展示会にむけ、季節ごとに12ヶ月の意匠を染めた帯を頑張って制作しています。
私は営業の仕事もしているため、写真が追いつきませんが、今回も素敵な帯が染め上がってきました!
左から、組紐で作った葵、銀杏、琳派のあやめの帯です。
友禅の工程は糸目(色がはみ出ない為の防染) を置いた柄の中に挿し色をおいていくのですが、この工程で帯の表情が決まりますので、地色との相性、締めていただきたい年代などを考えて、慎重に配色します。
ぼかしの技法を使い奥行や淡さなども出していきます。

これから、金加工、刺繍に回し完成します。
金加工により柄がはっきりし、刺繍でさらに立体感を出していきます。
またすぐにアップいたしますのでご期待ください!

季節の移ろい染め帯12ヶ月 制作中

投稿日:2012年9月7日(金)

展示会に向けて12ヶ月分の染め帯を作っています。
上の写真は、7月の七夕の帯です。
前回のブログでお伝えした青花で下絵を書いた状態です。

こちらは、左上から、うの花、半夏生、秋草、手前は桜です。
地色を染めて柄の色をこれから染めていきます。
どんな色にしようか考え中です!

桜の帯は爽やかに白地で、枝を墨濃淡、花を白とピンク、紐をブルーに。
友禅の職人さんに正確に色を伝える為、生地の色見本をつけて渡します。
淡い綺麗な帯が出来そうです!

着物の世界では、季節感を重んじます。
でも、なかなか着物で季節をあらわすのは何枚も持ってなくてはいけませんので大変です。
そこで、わりと安価な染め帯で季節を出すことをオススメしています!
12本揃うと壮観だろうなとワクワクしながら仕事しています!

どんどん染め上がってくるので、続きをまたアップしますね!

江戸時代からある消える染料

投稿日:2012年9月4日(火)
20120904_140935.JPG

着物を作る工程で、まず最初に白い生地に下絵を書きます。
その下絵どおりに柄を染めていくのですが、下絵の染料が残ると綺麗な配色が出来ません。
そこで青花という花を搾って出来る文字通りの青い染料を使います。
青花は水に流すと簡単に消えてしまう染料なんです!
この染料のおかげで下絵は消え、色とりどりの綺麗な着物が作れるというわけです。
これを江戸時代に発見し友禅が発展しました。
先人の研究努力は本当にすごい!
きっといろんな染料を試し、あかんわ!すぐ消えるわ!……これを下絵に使えばいいんだ!!
ってなったのかなと勝手に思っています(笑)

ちなみに、近年は化学青花という染料が開発され熱でも消える染料を用いています。
染料を作る工程が過酷なことと、着物を作る工程も少し省ける為です。

お誂え呉服について・掲載取り扱い品について ご注文・お問い合わせ・ご相談など詳しくはお電話ください。
このページのトップへ