お誂え呉服・着物(きもの)の販売 創業明治5年・京都の老舗

現在の位置 : ホーム > 8月 2014

京都の呉服屋 六代目のブログ

岸田 靖司 きしだ やすじ 1978年12月29日生まれ AB型

古都、京都の呉服屋 京都銭京の六代目。小さな頃から着物に囲まれて育ってきました。
現在は着物のデザイン、制作、販売を行っています。

日々勉強の毎日ですが、着物の世界の奥深さ、奥ゆかしさに未だに驚かされています!
古典の普遍の美と若い今の感性を合わせた、着てみたい着物を創っていこうと奮闘中。

また、お客様と一緒に場面に合った着物選びや、お手入れのお手伝いなども心を込めてご奉仕いたしております。

このブログでは、そんな私の日常の着物に関する豆知識や発見、感動などを綴っていきたいと思います。

小森の帯 豊彩々華紋

投稿日:2014年8月28日(木)

うすブルー地 小森の帯 豊彩々華紋

錢京の在庫に仲間入りです。
綺麗な薄いブルー地に華やかな華紋をあしらった袋帯。
西陣の有名な機屋さんの逸品です!

いつも商品に目を配っていますが、なかなか綺麗な地色の帯がないので 見つけたら仕入れるようにしています。
今回もいい帯見つけました^^

クリーム地とかうす色に合わせてもフワッと綺麗ですし、紺地やこげ茶地など濃地に合わせても帯が引き立って良いと思います!
ご興味のある方はお問い合わせください! 

浴衣値下げ中です^^

投稿日:2014年8月26日(火)

京都の有名な絞り屋さん藤井絞りが手仕事で絞り染めした京都の浴衣

祇園祭も終わりましたので値下げしております!

綿紅梅の良い生地に千鳥や花の模様が絞りで染められています。
大人のお洒落を演出してくれます!

詳しくはお問い合わせください!! 

秋の展示会 御室苑 9/26~28

投稿日:2014年8月19日(火)

 

京都は台風、大雨で各地で浸水被害がございますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
錢京は年に2回の展示会に向け盆明けから準備に入っております。

今年の秋の御室苑は9月の26日(金)、27日(土)、 28日(日)に決定いたしました。

今回は四条西洞院を少し下がったところの装美苑 という会場で開催いたします。
錢京オリジナルの着物から京都の粋を集めた逸品を揃えてお待ちしております。

ホームページを立ち上げて2年ほどですが、最近お問い合わせをいただくことも増えてきましたし、ご注文もいただけるようになり 大変嬉しく思っております。
顧客様にしかご案内をお出ししておりませんが、私のブログやホームページを見ていただいてご来場いただくのも大歓迎です!
お気軽にお越しください。
ご連絡いただけましたらご案内も送らせていただきます。

 社員一同笑顔でお待ちしております!
お時間ございます方是非ともよろしくお願いもうしあげます。 

岡重の染帯 チャンチン染片丸取り更紗

投稿日:2014年8月11日(月)

染帯は銭京の得意分野でありますが、岡重さんの染帯を仕入れました。
チャンチンと呼ばれる臈纈の技法で、友禅の糊の代わりにロウで防染、フセを行い色を挿した作品です。
岡重さんのチャンチンのバッグなど は人気商品なのでご存じの方も多いかと思います。
銭京で作っている商品はほとんどが友禅ですので新鮮です^^

綺麗なブルー地に更紗文様が描かれています。
全体に太く輪郭があるのがわかると思いますが、ロウで伏せたあとですね。
行程としては、細くロウで柄の輪郭を防染し、彩色を行います。
次に柄をまたロウで伏せ地色を染めます。
ふせるロウの 分厚さにより染料の染み込み具合が変わるそうです。

インドネシアのバティックなどがチャンチンの代表作です。

前柄はこんな感じです。

どんな方が締めてくださるのか楽しみです^^

 

お誂え呉服について・掲載取り扱い品について ご注文・お問い合わせ・ご相談など詳しくはお電話ください。
このページのトップへ