お誂え呉服・着物(きもの)の販売 創業明治5年・京都の老舗

現在の位置 : ホーム > 1月 2015

京都の呉服屋 六代目のブログ

岸田 靖司 きしだ やすじ 1978年12月29日生まれ AB型

古都、京都の呉服屋 京都銭京の六代目。小さな頃から着物に囲まれて育ってきました。
現在は着物のデザイン、制作、販売を行っています。

日々勉強の毎日ですが、着物の世界の奥深さ、奥ゆかしさに未だに驚かされています!
古典の普遍の美と若い今の感性を合わせた、着てみたい着物を創っていこうと奮闘中。

また、お客様と一緒に場面に合った着物選びや、お手入れのお手伝いなども心を込めてご奉仕いたしております。

このブログでは、そんな私の日常の着物に関する豆知識や発見、感動などを綴っていきたいと思います。

タッサーシルクを織り込んだ着尺

投稿日:2015年1月21日(水)

新年の第一弾の目玉商品のご紹介
 

タッサーシルク着尺

タッサーシルクとは自然に育った野蚕の繭から取れる糸で、繭を採取することもとても大変な上、一つの繭から取れる糸量も少なく稀少で高価な糸のことです。
この着尺は、正絹糸を約8割、タッサー糸を約2割を特殊な織り技術で織り上げることにより、今までにない独特のシャリ感が出ています。
 
アップにするとこんな感じです。
2種類の糸で織り上げてあるのでなんとなく陰影を感じていただけるでしょうか?
実物はもっとわかりやすいのですが、、、

裏のほうがわかりやすいのでもう一枚。
菱の外側に斜めに走っている糸がタッサーシルクです。

落ち着きのある普段着に、また紋を付けて色無地に、是非御覧になっていただきたいです^^ 
帯選びも楽しい逸品です! 

 

未の干支飾りで新年スタート

投稿日:2015年1月16日(金)

皆様旧年中は大変お世話になりありがとうございました。
今年も変わらぬお付き合いを宜しくお願い申し上げます。

毎年のことですが呉服屋の年末年始はとても忙しくブログもお休みさせていただいてました。
そろそろ落ち着いてきましたので真面目にブログも更新していきます!

写真は縮緬の干支飾り。
玄関に飾って今年もスタートです!

今年は正月から大雪で着物姿をあまり見かけませんでしたね~
ご予定が狂ってしまった方々 も沢山いらっしゃるでしょうね。

錢京は新年の挨拶回りも一段落で来月の展示会に向けて準備を始めております。
またブログにも 載せますので楽しみにしていてくださいね!

今更ですが、こんな飾り物も取り扱っておりますのでご自宅の飾りや贈り物にとご興味のございます方はお問い合わせください。

それでは今年も宜しくお願いいたします!!

お誂え呉服について・掲載取り扱い品について ご注文・お問い合わせ・ご相談など詳しくはお電話ください。
このページのトップへ