お誂え呉服・着物(きもの)の販売 創業明治5年・京都の老舗

現在の位置 : ホーム > 7月 2015

京都の呉服屋 六代目のブログ

岸田 靖司 きしだ やすじ 1978年12月29日生まれ AB型

古都、京都の呉服屋 京都銭京の六代目。小さな頃から着物に囲まれて育ってきました。
現在は着物のデザイン、制作、販売を行っています。

日々勉強の毎日ですが、着物の世界の奥深さ、奥ゆかしさに未だに驚かされています!
古典の普遍の美と若い今の感性を合わせた、着てみたい着物を創っていこうと奮闘中。

また、お客様と一緒に場面に合った着物選びや、お手入れのお手伝いなども心を込めてご奉仕いたしております。

このブログでは、そんな私の日常の着物に関する豆知識や発見、感動などを綴っていきたいと思います。

染め帯 白茶地玩具散らし

投稿日:2015年7月25日(土)

 

ご注文で玩具を散らした染め帯を作らせていただきました。
白茶に明るい色の玩具で作りたいとおもいます!

で、こんな配色に。
蒸しをかけ色を留め、糸目を取ります。
糸目の取れたところに金加工も施します。

スッキリしました。
次の工程は刺繍です。

写真ではあんまりわからないですね~
光が当たると刺繍の部分が輝くので綺麗なんですが、、

こちらは前柄。
やさしくはんなりした帯になったとおもいます^^

 今回も楽しくお仕事させてもらえました。
感謝です!

 

 

 

kurikiyo×銭京 第2弾 訪問着つくります!

投稿日:2015年7月20日(月)

メヘンディーアーティストのkurikiyoさんと今回は訪問着を作ってみたいと思います。

写真はその図案。
上前の柄です。
エキゾチックでいい感じ^^

 またどこにもない着物が出来上がる予感です!

配色に悩んでおります。

今回は、出来上がるまでを追っていきたいと思いますので楽しみにしていてください!!

KANZASHI hanalace 樹脂レースの簪

投稿日:2015年7月4日(土)

先日、作家のREMIさんとお会いしまして、素敵な簪を見せていただきました。

誰もやったことのない技法で、見たことない形状です!

針金と樹脂で出来ていますので曲がります。
頭に添わすことが出来る斬新な作品です。

コサージュにもなります。

着物を広めようとしてくださっている方で和テイストの作品を制作されています。
貴方だけの簪をオーダーメイドもしてくれる Remi World 

 

華レースとは、、

ワイヤーで形取ったモチーフに、ひとつひとつ丁寧に自然な気泡模様を作り樹脂で整え、いろんな色を塗り重ねていくことで繊細で美しい彩色のレースアート作品が出来上がります。
「華レース」は自由に変形することが出来るので髪飾りや、ファッションに合わせてアレンジが可能なアートアクセサリーです。 

 

お誂え呉服について・掲載取り扱い品について ご注文・お問い合わせ・ご相談など詳しくはお電話ください。
このページのトップへ