お誂え呉服・着物(きもの)の販売 創業明治5年・京都の老舗

現在の位置 : ホーム > 7月 2016

京都の呉服屋 六代目のブログ

岸田 靖司 きしだ やすじ 1978年12月29日生まれ AB型

古都、京都の呉服屋 京都銭京の六代目。小さな頃から着物に囲まれて育ってきました。
現在は着物のデザイン、制作、販売を行っています。

日々勉強の毎日ですが、着物の世界の奥深さ、奥ゆかしさに未だに驚かされています!
古典の普遍の美と若い今の感性を合わせた、着てみたい着物を創っていこうと奮闘中。

また、お客様と一緒に場面に合った着物選びや、お手入れのお手伝いなども心を込めてご奉仕いたしております。

このブログでは、そんな私の日常の着物に関する豆知識や発見、感動などを綴っていきたいと思います。

丸刷毛ぼかしの着尺

投稿日:2016年7月16日(土)

こちらは濡れ描き友禅の作家さんが手掛けた着尺。
丸刷毛ぼかしという技法で染められた着尺の紹介です。

3cmほどの丸刷毛を使い13mずっと同じようにぼかしていくなんとも手の込んだ逸品です。

無地感覚でお使いいただくと良いと思います。
何気ないですがお召になると奥行きがあり職人の技が光ります!

特別価格でご奉仕しております! 

 

梅垣織物 唐織ヌーボーの角帯

投稿日:2016年7月16日(土)

大変ご無沙汰してしまい申し訳ございません。
公私共にいろいろありましてブログ更新できませんでした。

ようやく落ち着きましたので通常業務頑張っていきます!

さて、久しぶりの投稿ですが、今日は新商品の発表です。
京都の織屋さんの梅垣織物での新作人気商品「唐織ヌーボー」(女性物の袋帯)を男物の角帯に進化させた一品です。

写真の角帯は私用に織っていただきました。
しなやかで締めやすそうな帯です^^
展示会で締めるのが楽しみです!

まだ生まれたばかりで世界に数本しか存在しません。

ちょっと気のきいた角帯を締めたい方には最高の品だと思います。
西陣の技を身にまとい嬉しいお出かけにしていただけたら幸いでございます。

ご興味あられる方はご一報ください! 

お誂え呉服について・掲載取り扱い品について ご注文・お問い合わせ・ご相談など詳しくはお電話ください。
このページのトップへ