お誂え呉服・着物(きもの)の販売 創業明治5年・京都の老舗

現在の位置 : ホーム > 11月 2016

京都の呉服屋 六代目のブログ

岸田 靖司 きしだ やすじ 1978年12月29日生まれ AB型

古都、京都の呉服屋 京都銭京の六代目。小さな頃から着物に囲まれて育ってきました。
現在は着物のデザイン、制作、販売を行っています。

日々勉強の毎日ですが、着物の世界の奥深さ、奥ゆかしさに未だに驚かされています!
古典の普遍の美と若い今の感性を合わせた、着てみたい着物を創っていこうと奮闘中。

また、お客様と一緒に場面に合った着物選びや、お手入れのお手伝いなども心を込めてご奉仕いたしております。

このブログでは、そんな私の日常の着物に関する豆知識や発見、感動などを綴っていきたいと思います。

秋の展示会 ~御室苑~ ご来場ありがとうございました!

投稿日:2016年11月8日(火)

老舗の機屋 河村織物をお借りして毎年恒例の秋の展示会をさせていただきました。
趣のある空間をご提供いただき感謝しております。

実際に帯を織っている仕事風景も見せていただき楽しい時間をお客様と共有でき、ありがたい3日間でした!

まず玄関をくぐり最初に見える華やかな糸棚は圧巻です。
隠れるのが申し訳ないですが小紋と付下を飾らせていただきました。

優しいお日様の光が差し込み着物も良く見えたように感じます。

一階奥の間
こちらには河村織物の帯を飾りました。
素敵な空間に素敵な帯。
何枚か撮りましたのでご覧ください。

いい感じです!
手織りの帯は軽く優しく奥行きがあり逸品と呼ぶにふさわしい品々でした。

2階は銭京の仕事、京友禅の訪問着。
新作発表の機会でもございまして、気合いをいれて飾り付け。

こちらは振袖のコーナー。
会場一の華やかなコーナーですね。
今回もお嬢様が試着されるのを笑顔で見ておりました^^

私も楽しく過ごせたことありがとうございました。

 皆様のおかげで商売が続けられております。
心より感謝申し上げます。

次回、春の展示会も志向を凝らして用意いたしますので、是非楽しみにしていてくださいね! 

 

 

 

 

 

お誂え呉服について・掲載取り扱い品について ご注文・お問い合わせ・ご相談など詳しくはお電話ください。
このページのトップへ