お誂え呉服・着物(きもの)の販売 創業明治5年・京都の老舗

現在の位置 : ホーム > 3月 2017

京都の呉服屋 六代目のブログ

岸田 靖司 きしだ やすじ 1978年12月29日生まれ AB型

古都、京都の呉服屋 京都銭京の六代目。小さな頃から着物に囲まれて育ってきました。
現在は着物のデザイン、制作、販売を行っています。

日々勉強の毎日ですが、着物の世界の奥深さ、奥ゆかしさに未だに驚かされています!
古典の普遍の美と若い今の感性を合わせた、着てみたい着物を創っていこうと奮闘中。

また、お客様と一緒に場面に合った着物選びや、お手入れのお手伝いなども心を込めてご奉仕いたしております。

このブログでは、そんな私の日常の着物に関する豆知識や発見、感動などを綴っていきたいと思います。

「月刊 茶の間」に載せていただきました

投稿日:2017年3月30日(木)

これまた1月の情報で申し訳ございません。
京都 宇治の人気通販雑誌「月刊 茶の間」に銭京を取材していただき5ページに渡り掲載してくださいました。

私のセレクト、制作した着物や帯をセンス良くコメントを考えてくださり、また私のことも書いてくださり嬉し恥ずかしです。笑

これからもTPOに合った着物をお客様と一緒に選び、より綺麗に 見せられるように精進してまいります!

着物の柄に隠された先人の想いを感じるとまた着物が楽しくなりますとか書いてあります。^^
掲載されております着物、帯も売れていないものもございますので、ご興味があればお問合わせください。 

久しぶりの投稿です  2017年も頑張ります!

投稿日:2017年3月30日(木)

実は年明けに腰のヘルニアになり仕事が出来ていませんでした。
動けるって有難いことだと痛感しております。

ようやく復帰いたしましたのでブログも仕事も頑張っていきたいと思います!

今さらですが、正月はこんな着物を飾って新年を迎えておりました。
古代紫の地色に繁栄を意味する松を染めてあります。

銭京も常緑の松のように永く繁栄できるよう願いを込めて、、 

 

お誂え呉服について・掲載取り扱い品について ご注文・お問い合わせ・ご相談など詳しくはお電話ください。
このページのトップへ