お誂え呉服・着物(きもの)の販売 創業明治5年・京都の老舗

現在の位置 : ホーム > 2月 2018

京都の呉服屋 六代目のブログ

岸田 靖司 きしだ やすじ 1978年12月29日生まれ AB型

古都、京都の呉服屋 京都銭京の六代目。小さな頃から着物に囲まれて育ってきました。
現在は着物のデザイン、制作、販売を行っています。

日々勉強の毎日ですが、着物の世界の奥深さ、奥ゆかしさに未だに驚かされています!
古典の普遍の美と若い今の感性を合わせた、着てみたい着物を創っていこうと奮闘中。

また、お客様と一緒に場面に合った着物選びや、お手入れのお手伝いなども心を込めてご奉仕いたしております。

このブログでは、そんな私の日常の着物に関する豆知識や発見、感動などを綴っていきたいと思います。

御室苑 今日から開催です

投稿日:2018年2月23日(金)

金閣寺のお膝元にて今日から展示会を開催しております。

お気軽にお立ち寄りください。

選りすぐりの綺麗な着物を揃えてお待ちしております。

着物肌着 ピンク地桜

投稿日:2018年2月19日(月)

携帯からブログが書けるようになって便利になりましたが、写真の向きを変えるのが難しい…

妹に赤ちゃんができまして、お祝いに着物肌着をプレゼント。

名前に桜が入るので桜の訪問着風にしてみました!

産婦人科の退院の時に着せてくれたみたいで看護師さんたちに大人気だったそうで^ ^

嬉しい限りです!

産まれたての赤ちゃんの晴れ着は是非、銭京の着物肌着をお選びください!

お干菓子帯留がまたフィガロに掲載されました!

投稿日:2018年2月19日(月)

数年前にeriko4uさんと共同で製作した桜のお干菓子帯留がまたフィガロに掲載してもらえました!

根強い人気を誇る商品です^ ^

そのうち四季のお干菓子帯留を世に生み出したい野望もございますのでお楽しみにしていてくださいね!

2018年 春の展示会

投稿日:2018年2月8日(木)

とても寒い日が続きますので春の展示会と言ってもピンとこないですが、今月末に金閣寺の近くにて展示会を開催いたします。

毎年恒例の染め帯お好きな柄、色で誂える企画もございます。

お時間がございましたら是非遊びに来ていただけると嬉しいです。

お誂え呉服について・掲載取り扱い品について ご注文・お問い合わせ・ご相談など詳しくはお電話ください。
このページのトップへ