お誂え呉服・着物(きもの)の販売 創業明治5年・京都の老舗

現在の位置 : ホーム > 10月 2018

京都の呉服屋 六代目のブログ

岸田 靖司 きしだ やすじ 1978年12月29日生まれ AB型

古都、京都の呉服屋 京都銭京の六代目。小さな頃から着物に囲まれて育ってきました。
現在は着物のデザイン、制作、販売を行っています。

日々勉強の毎日ですが、着物の世界の奥深さ、奥ゆかしさに未だに驚かされています!
古典の普遍の美と若い今の感性を合わせた、着てみたい着物を創っていこうと奮闘中。

また、お客様と一緒に場面に合った着物選びや、お手入れのお手伝いなども心を込めてご奉仕いたしております。

このブログでは、そんな私の日常の着物に関する豆知識や発見、感動などを綴っていきたいと思います。

2018年 秋の御室苑

投稿日:2018年10月11日(木)

京都も秋めいてきて過ごしやすくなってまいりました。
明日より秋の新作逸品展「御室苑」を開催しております。

会場は東洞院仏光寺にあります玄想庵をお借りして広く趣のある京町家の雰囲気も楽しんでいただけたらと思っております。

今回の企画はお茶の着物を各種取り揃えております。
着物を囲んでいろんなお話ができたら嬉しいです。

心を込めて準備してまいりましたのでお時間の許す限り楽しんでいただけたら幸いです。

お誂え呉服について・掲載取り扱い品について ご注文・お問い合わせ・ご相談など詳しくはお電話ください。
このページのトップへ