お誂え呉服・着物(きもの)の販売 創業明治5年・京都の老舗

現在の位置 : ホーム > よくあるご質問 > Q.4 着物をしまうのは桐箪笥でなくてもよいものなんでしょうか?

よくあるご質問

Q.4 着物をしまうのは桐箪笥でなくてもよいものなんでしょうか?

桐箪笥は高価で、別に普通の箪笥でもいいんじゃないのか?
と思っている方もたくさんおられるかと思います。

でもちゃんと理由があります!
桐の特徴は湿気が多いと木目がつまり(膨張する)、箪笥の中に湿気を入れません。
逆に湿気が少ないと木目がひらき乾燥を防ぎます。

着物は湿気が大敵で湿気の多い所に置いておくとすぐにカビがでてしまいます。
桐はそれを防いでくれます。
また、桐は湿気や乾燥によるゆがみも少なく強度もあります。
長く使える理由はそこにあるんですね!

さらに、桐は燃えにくいという特徴も持っていて、火事で真っ黒になっても中の着物は燃えないんです!
実際にお客様に火事で着物だけ無事だった方もしっています!

すべての桐箪笥がそうではありませんが、腕利きの職人が作った桐箪笥なら上記の特徴をしっかり発揮してくれます。

ということで、大切な着物や帯は桐箪笥にしまいましょう。
桐箪笥が高価でちょっと、、、という方は桐製の衣装ケースなら買いやすい値段であると思いますのでご検討してみては?

お誂え呉服について・掲載取り扱い品について ご注文・お問い合わせ・ご相談など詳しくはお電話ください。
このページのトップへ