2013年08月19日 若だんなのブログ

合わせ止め(衿止め)のご紹介

男性は帯を腰で締める為、どうしても着物の衿がひらいてしまいます。
浴衣ならともかく礼装で着物を着る時には気になりますよね?
私は細いので余計にはだけやすく昔はよく悩んだものです!

この合わせ止めはすごく簡単な作りですが、なかなかの優れもの!
衿の合わさる所に差し込んで使います。
衿が開かない=着崩れない ということです。
長襦袢の衿が着物の中に隠れてしまうこともよくありますが、それも解消出来ます!!
なので、私は長襦袢にも着物にも使用しています。
展示会で着物を着る時はバタバタ動きますが着崩れゼロです^^
来月展示会がありますので、つけ方、つけてる様子もまたご紹介しますね! 

安価なものですので是非お試しください!

お誂え呉服について、掲載品について

ご注文・お問い合わせなど、詳しくはご相談ください
© 2022 京都銭京/お誂え高級呉服・着物(きもの)販売の老舗 . All rights reserved.
ホームページ制作 by