2014年03月18日 若だんなのブログ

まだまだ寒い日が続きますが、シーズンに向けて夏物が出来上がってくる時期なんです。
銭京にも夏物が増えてきます。

今回ご紹介の小千谷ちぢみは麻で織られた夏の着物。
新潟県小千谷市で生産されており、ユネスコ無形文化遺産にも登録されています。
麻の特性は通気性が良く、シャリ感があって肌につかず、水洗いにも耐えうる強い糸ですので着る度に洗える夏にはピッタリの素材です!
さらに小千谷ちぢみは横糸に撚りをかけて織り上げていきますので涼しげなしぼも特徴です。
よりシャリ感がでて本当に涼しいですよ~! 

欠点はシワがつきやすいことですが、それも味としてとらえてください^^
着物を良く知る方が見れば一目で麻の生地とわかり涼やかな印象を持ってもらえると思います。

お年のいった方に聞くと長年着ているちぢみはそこまでシワにならないそうです。
着物を育てる気分でどんどん来ていただきたいと思います。 
結城の着物も柔らかくなるまで寝間着にしていたともよく聞きます!

写真は青磁地に縞の模様の小千谷ちぢみ。
綺麗な涼しげな色に染まっております!
二枚目の写真、ちょっと色合いが変わってしまいましたが、、、
この透け感涼しそうですね~

続いてこちらは薄茶地縞の小千谷ちぢみ
麻本来の色ですので地味ですが趣のある着物です。
こちらもいい透け感です!
サラッと着こなしていただくと良き日本の夏を演出していただける逸品です!

安価でお作りいただけますので是非お試しください!
私も持っております!
 

 

 

 

お誂え呉服について、掲載品について

ご注文・お問い合わせなど、詳しくはご相談ください
© 2022 京都銭京/お誂え高級呉服・着物(きもの)販売の老舗 . All rights reserved.
ホームページ制作 by