2014年05月20日 若だんなのブログ

こちらはお客様のご注文で夏物の法事帯を作らせていただいている制作途中です。
絽の塩瀬に裏鏡を描き地色を薄鼠地に染めました。

裏鏡とはその名の通り鏡の裏。
古くは正倉院の中に裏を金銀螺鈿で飾った鏡も残されています。
それを図案化したもので礼装用に使われる柄です。

配色は鼠の濃淡で白、銀を使いながら法事らしく仕上げようと思います! 
差し色にすこし薄いピンクも使う予定。

出来上がりが楽しみです^^ 

お誂え呉服について、掲載品について

ご注文・お問い合わせなど、詳しくはご相談ください
© 2022 京都銭京/お誂え高級呉服・着物(きもの)販売の老舗 . All rights reserved.
ホームページ制作 by