2014年10月27日 若だんなのブログ

 

今回も作っている行程をお楽しみください。
まず、華紋の柄を糊で伏せ、地染めします。
この帯はたれにぼかし を入れてみました。

蒸しをかけ色を定着させると共に糊を取ります。

すると、柄の部分は白生地のままの色で残ります。

続いて金加工で縁取り(金くくり)をします。
ぐっと華紋が引き立ちます。

前柄は小さくした華紋を置きました。
スッキリした帯〆が合いそうです^^

最後に刺繍を入れ完成。

なかなか独特の帯が出来たのではと思います。
地色を変えて作ってみようかな~と思案中です。

続く、、、 

 

 

お誂え呉服について、掲載品について

ご注文・お問い合わせなど、詳しくはご相談ください
© 2022 京都銭京/お誂え高級呉服・着物(きもの)販売の老舗 . All rights reserved.
ホームページ制作 by