2015年05月16日 若だんなのブログ

京都は葵祭も終わり春の陽気に包まれています。
皆様いかがお過ごしですか?

さて、錢京では相変わらず商品製作に追われています。

早速仕事風景をご紹介^^

まず、塩瀬の生地に下絵を描きます。

そして、配色します。
僕はパソコンでイメージを出し色見本を貼っていくスタイルです。

糸目を置き、友禅で柄に色を挿します。
糸目が青いのでまだうっとおしく感じますね。

糸目を取って金加工。
スッキリしましたが、ちょっとペタっとした感じですね。
最後に刺繍を入れてみます。

 

完成ですがわかりにくいですね。

こんな感じで刺繍をいれました。
少し立体感が出て豪華になりました。

季節の無い帯ですので夏以外はいつでも締めていただけます。

小紋にこんなスッキリした帯いかがですか? 

 

 

 

 

お誂え呉服について、掲載品について

ご注文・お問い合わせなど、詳しくはご相談ください
© 2022 京都銭京/お誂え高級呉服・着物(きもの)販売の老舗 . All rights reserved.
ホームページ制作 by