着物を見てみないとわかりませんが、まず丸洗い、カビ落としをします。
次にシミを落としますが、綺麗に取れない場合は地直しという行程があります。

シミの部分を白く抜いてしまい、そこに地色をはめてわからなくします。
地直しも出来ないきついシミは、金加工などで柄を足して見えなくします。

着物に使われる絹糸は肉染み(汗、母乳、ステーキの汁など)に弱く長年ほっておくと糸が腐ってしまいます。

汗ジミをほっておいて茶色く変色し穴があいてしまった着物を何度もみたことがあります。
汗をかいた時やお食事の時に汚してしまったときは早くお手入れに出しましょう!

お誂え呉服について、掲載品について

ご注文・お問い合わせなど、詳しくはご相談ください
© 2019 京都銭京/お誂え高級呉服・着物(きもの)販売の老舗 . All rights reserved.
ホームページ制作 by