着物は湿気に弱いので虫干しすることをお勧めします。

点検の意味も込めて年に一度は虫干しを行い、風を通して害虫を取り除くとともに、カビ・変色を防止するとよいですよ。

虫干しの時期は、年に3度あります。

土用干し(どようぼし) 7月下旬~8月上旬

梅雨で湿気た衣類を乾かすために行います。

虫干し 9月下旬~10月中旬

夏についた虫を追い払い、掃除するために行います。

寒干し 1月下旬~2月上旬

衣類の湿り気を抜くために行います。

着物を一枚づつ衣紋掛けに掛け、正午を挟んだ4時間程度虫干ししてください。
絶対に直射日光の当たらないところに掛けてください。
その際、着物にシミがあったりカビなどが出ていましたらご一報ください。

あまり時期にこだわる必要はございませんので、空気の乾燥した春か秋に一度は虫干しをしていただけると良いと思います。
一週間ほど晴天が続き乾燥している時が良いでしょう。

時間が無いようでしたらタンスの引き出しを開けたままにしておいたりするだけでも違います。
是非お試しください。

お誂え呉服について、掲載品について

ご注文・お問い合わせなど、詳しくはご相談ください
© 2019 京都銭京/お誂え高級呉服・着物(きもの)販売の老舗 . All rights reserved.
ホームページ制作 by